のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流れます
どうしてだかテンプレートがへんてこに。
気に入ってたのになぁ。
いろいろHTML自分でいじったりしたのになぁ。

でも直す気力もないので、お引越し。
この状態では過去の記事も読みにくいので、
今までのではないテンプレートに変更しますが、本位じゃないのだけは、くみとって!

引越し先は、コチラ

毎日来てくださってる方、報告遅れて、ごめんなさい。
新たな場所で、また、お会いしましょう。
スポンサーサイト
昭和3年、80歳。
20080913141514
どうしてだか、急に飲みたくなって、キリンレモンを飲んでいる。

昭和3年からの80周年だとか。

そういや、夕べ、ハモニカ横丁で隣り合わせた紳士。
彼もまた、昭和3年生まれだった。
更新したての免許証を見せて貰ったから、間違いない。
そうか、あの紳士とキリンレモンは同級生なんだね。
いろんなこと、くぐり抜けてきたんだろな。

紳士は去り際、それまでの話とは何の関係もなく、唐突に「そうだ。親は大切になさいよ。」とだけおっしゃって店を後にした。

むー。深い。
考えてみれば10年ぶり、携帯電話のない生活。
タイトル通り、携帯電話がありません。

厳密には職場に置き忘れたのだけれど。
気づいた時点で、引き返せる距離ではないな、と判断して諦めました。

ほんとうは今日、出勤だったのでたった一晩、携帯がない開放感を味わうつもりでいたらば・・。

重なるもんです、そういう失態は。
今朝、目が覚めたら目が開かなかったのです。
どういうことかっていうと、右目がお岩さんみたいに腫れてて、
怪談って、もう、季節外れじゃんと思いつつ、
内心、「やったー!これで大腕振って休める☺」なんてさ。
そして仕事キャンセル。
一応接客業だし、お岩さんはナシでしょ。
いくらわたしがいろんなことに無頓着であっても、
さすがにお岩さんで外に出る勇気はない。
そんなこともあったのと、もともと明日はお休みをとってたので、
携帯電話との再開は3日後に。

目の方はなんてことない。
秋の風に乗ってアレルギーが出てきてしまったのですね。
鼻もむずむずするし、のどの調子もよくない。
前の晩に少し、目をこすったのもよくなかったや。

爽やかな日和。
あれしてこれしてと思いめぐらせてたのに、
アレルギーの薬をのんだら微量の睡眠薬にまんまとはまって、こんこんと眠る。

昼に目を覚まして、タモさんのはじめて彼女ができた年齢が23歳とわかって、
そのあと再び眠り、次に目を覚ましたら17時だったってもう1日が暮れかけ。
ま、それもいいか。

携帯電話がないという生活は実に10年ぶり。
明日の約束をしていた人の連絡先を、奇跡的にメモしていたため、
昼に自宅の電話からかけてみる。
「メールも電話もできませんので。」の主旨を伝えて、
明日の待ち合わせ場所と時間を厳密に決める、だなんて行為、すごーく新鮮!!

今は決めることってすごくあやふや。
現場で携帯電話で連絡とりあっちゃうからさ。
でも明日は会えるかどうか、のギリギリを楽しめるんだ。
一応人の少ない改札だから、すぐ会えるだろうけど。
どちらかが遅刻なんてしたらば、ドラマだわ!

そんなギリギリを携えて、明日は海へ行ってまいります。

そんなこんなで、みなさま。
ちょいとメールやら電話やら2~3日、不通でありますが、わたくし、元気でやってます。
そのうち、ちゃんと返事しますので、待っててね。

*** 夏の記録 ***

7月
・本
〔新釈〕走れメロス 他四篇 / 森見 登美彦
かもめの日 / 黒川 創

・映画
ぜんぶフィデルのせい
夕凪の街、桜の国

・出先
乃木坂
ちみんレコ発ライブ 「みつけてあげよう」
富士登山 / 山中湖

8月
・本
対話篇 / 金城 一紀

・映画
崖の上のポニョ

・出先
下田 / 入田浜 / 石廊崎
三鷹ステキレストラン
井の頭公園ランチ
池袋乱歩通り

*** **** ***

夏は出かけてばっかりで、
本も映画も全然足りてないです。
でも、いいんです。
山も海もいったから!
日々のあわ。
画像 934
画像 936

現れては消え、消えては現れる泡をみながら、
サイダーをのむ。
琉球グラスに注いでしまったので、
泡の感じは分かりにくいか。

わたしのことを必要としてくれる人がいて、
わたしが必要としてる人がいる。

前者にはいつでもスーパーマンのように窮地を救ってあげたいと思うし、
後者には午睡をたのしむ猫が好む風のように傍にいて欲しいと思う。

9月。
少し忙しくなりそうだ。

それでもやりくりして、会いたい人と会おう。

楽しみがひとつなくなっても、
たちどころ、また別の楽しみがふって沸いてくる。
サイダーの泡と一緒。

ブランチに慌てて食べたチーズトーストで少し火傷をした口に
サイダーの泡が弾けて刺激する。

トーストをはんぶんこした人は、
わたしとは別のヒトに会いに行ってしまった。

不埒
20080904062211
お馴染みのアングルですが、この位置からの風景がすきなのです。

鳥が群れて西へと向かって、過ぎた雲間からゆらゆらと淡い橙色がこぼれる時。
まるでこれから月が現れるみたい。

でもこれは、さっき。
1日のはじまりの瞬間なのです。

同じ屋根の下に住む人が、数字の話しかしなくなった。
とても苦しい。
香りたかいやさしい苦味を持ち合わせたチョコレートケーキを買って帰っても、口に入れた後の第一声が「これっていくら?」だった。

口を開けばお金と時間の話ばかり。
そうゆう話はすこぶる苦手なので(というよりうっすら軽蔑さえしてしまう…)、このままじゃ厭だと思ってつい言ってしまった。

「数字の話ばかりはよして。そうゆう人にはなって欲しくないし、そうゆう人とは一緒に暮らしたくないです。」

でもこうなってしまった一因はわたしにあるので、責任を感じずにはいられない。

この朝の空をみてもまだ、数字の話をしてしまうのだろうか、あの人は。

どうして、うまくいかないんだろう。
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。