のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のはなし
20080729154631


くたびれた気持ちに、映る夕日。
東京のど真ん中でも、こんな風に夕焼けが見えるとは思ってもみなくて、
すこし元気がでた。

この茜色は昨日の写真。
これは昨日のはなし。

なんの前触れもなく訪れる、
ぽっかりとした淋しさに
腕をぐいぐいひっぱられて、とうとうまっさかさまに落ちてしまった。

いつもなら愛想笑いで応戦できる
小さな言葉のとげにも
もれることなく全て真に受けて応じてしまう。
たとえば、こんなふうに。

そっちのシャツの色の方が、
下が透けてていいね!
って、そりゃ完全にセクハラ!!
いつもだったら、そんなふうにかわせるけれど、
昨日はダメだった。
もちろん、その場を考えて口ぶりはいつもどおりに返したけれど、
こころの方が全然なってない。

大人っぽいというよりも、ふけてるね!
って、そうですか。
わたし、ふけてるのかー。
反論したいような気もする。
まだ若いよう。
こんなわたしのことをかわいいと言ってくれる人だって、いなくはないぞ!
でも、反論できない。

そんなふらふらのこころでいたら、
隙をみてか、どんどこサミシガリヤの気持ちたちが侵入してくる。

原爆の遺骨で身元判明者でありながら遺族不明者のリストを目にしたら、
きゅうきゅうと、こころが鳴く。
辛い。受け取っちゃうとこっちが参っちゃうよと思って、避難すべく近くの本屋へ。
と、そうこうしてたら、リストを見るほんの数分前に買ったばかりの
かわいい季節の花をあしらった切手を落としてなくす。

こうして誰も彼もがわたしの手からすり抜けていくのだなぁ。
淋しくてたまらなくなるけど、ここは我慢。
もうしばらく、大人のふりをしなきゃ。

アイスを食べても
ジュースをのんでも
一向に元気になる気配もなく、夕刻へ。

ケーキを買って帰ることにする。
そうしないと、わたしがこんな不安定な状態で帰って、
家にいる人とうまくいくはずがないのであるから。
ここは「ケーキを買って帰ったよー」という第一声で
相手に華やかな気持ちになってもらわねば。
そしてうきうきしてもらって、わたしのことは忘れてくれ。

なんて器のちっちゃい人間なんでしょう。
この姑息な手段が自分でもイヤになるけど、
でもこういうダメな時もあるよ。
そろそろそんな自分にも慣れてきた。

スポットライトが自分の隣に急に当てられたみたいだ。
まぶしすぎて、まぶしすぎて。
でもわたしの足元は暗い。まっくら。

それで、夕刻の茜色がしみる。
優しい、淡い色。

一晩寝たら忘れるのが、わたしのいいところ。
だけど、ダメだなぁ。
今日はまだまだ、ダメな日。

でも、お隣さんちのかわい子ちゃんが、
さっきから、「あー、あー」って言ってる。
扇風機に向かって、声震わせて遊んでる。
扇風機出してもらった日はもうずっと前なのに、
飽きもせず、今日も「あー、あー」って。
そういうつたなさや、かわいさや、一生懸命さに
ちょっと元気をおすそわけしてもらう。

外は蝉があらん限りに鳴いてる。
今日も夏色、夏日和。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
455. 綾   URL  2008/07/29 20:47 [ 編集 ]
私も昨日のある出来事から、まさにそんな感じ~

私は今日、湯ったり苑(ローカル・・・)と、睡眠に逃げ込んだよ。

ありがとう、私と同じでいてくれて。

なんて、仲間を見つけてほっとしたりして。

ホントはそれじゃいけないんだけど、そんな日もあるさね。
457. オトート   URL  2008/07/30 04:13 [ 編集 ]
「茜色の夕日」

機会があったらフジファブリックってバンドのこのタイトルの曲を聞いてみてね。先日の夕日はまさに茜色でしたね。

急に襲いかかるメランコリックな感情には僕もただひたすら参るばかり。じっと堪えて大人にやり過ごす自分にも腹立たしくなったり。

サミシガリヤの自分を受け入れる器を持たない自分に、やり場のない怒りを感じる自分がいたり。

そんなふうにたくさん悩んでみても、その時はメランコリーが去っていくのをただ待つしかなかったり。

数々の自分に余裕があって気持ちが充足している時に、それぞれの自分と対峙するのが一番良いんでしょうね。一つ一つゆっくりと。

前期試験がやっと終わった誰かの弟より
458. mizuki   URL  2008/08/02 00:26 [ 編集 ]
その夕日
みた

渋谷のビルのてっぺんで
東京のどまんなかで

色がぐーっと深くなるまでずっと見てた
459. まりえ   URL  2008/08/15 17:10 [ 編集 ]
とっても返信が遅れてしまって、ごめんなさい。
あれから、いろいろと夏休みを満喫していました。
返信、読んでもらえるといいなぁ。

*綾ちん
いつもいつも、見守ってくれててありがとう!
あなたには「あいしてる」の一言に尽きます。
なかなか会えずにいるけど、きっと、会ったら大変なことになるだろうなぁ。

*弟くん!!
いや、まさか!
キミからこんなに嬉しいコメントがいただけるなんて。
キミたちキョウダイそろって、社交辞令でもなんでもなくて、ちゃんとこの文章を読みに来てくれてると分かって、それだけで感動してしまいます。
それに加えて、弟くんからのコメント、うれしいです。
テスト無事に終わったようで、なにより。
また、近々、会えるといいな。

*みずきちゃん
東京のど真ん中で、ぐーっと深くなるまで夕焼けみてる、みずきちゃん。
その映像が、ちゃんと浮かびました。
同じ空、つながってる。つながってる。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/418-4d90457e
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。