のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは、文化祭の延長ではないのか?
先日知人から、チケットが1枚余ったとお誘いいただき、
とても名のある劇団のお芝居を観に行ってきた。

それも初日。
原作はわたしもだいすきな小説であったし、
最近、芝居に携わる人と話す機会にもめぐまれ、
新しい演劇に触れたいと思ってたところ、それは好機のできごと。

芝居の開始10分で、わたしは泣いた。

それは、これからおきるストーリーに
役者の演技に
観客のフィーリングすべてに感動したから、ではまるでない。

泣いた理由。
それは原作の小説が可哀想だったから。

なんてことだろう。
わたしが観たお芝居は最悪だった。
悪趣味にもほどがある。
小説の解釈など読んだ人の数だけあるのはわかってる。
わかっていても、だ。
あの演出はなんだ!

世界観など、まるきりちりじりにされてるではないか。
原作はとてもナイーブでそれでいて鋭い現実の中に
満ちる愛と優しさ、切なさを描いてるのだけれど、
それをあの芝居ではつまらない笑いがちりばめられ、
(それもほとんどが身内うけ)
さらになんのつながりも見つけられない音楽がばら撒かれてた。

観客のぬるさにも辟易。
お目当ての俳優に肩入れしてる場合か。
作品ではなく、劇団そのものをみに来てるといった感じ。
あそこに集う人たちにとって、
作品なんてもはやどうでもいいようにすら感じた。

幕が上がる前ならまだしも、
幕が下りた後、後がまたひどい。
芝居に浸るすきも与えず、演者が勢ぞろい。
挨拶だけならまだわかるけど、
ここぞとばかりグッズのコマーシャル。
買って!買って!!

これじゃあさ、プロとは思えない。
文化祭と同じ。

せっかくのいい原作がないがしろ。
わたしはその原作のために泣いたのだ。
あんたは、あのお芝居になんかなるんじゃなかったよ。
そんなことしない方が、ずっとずっと輝いてるじゃないか。
という、そういう涙。


スポンサーサイト
音楽劇を下落合にて
映像では何度かみたことあるのだけれど、
意識して生のお芝居を見るのは初に近いのです。
(厳密には2度目?初回は高校生の時の歌舞伎)

知人に紹介されて今回は音楽劇を。
兄おとうと」という井上ひさし原作のお話。

知人が出演してるということもあって、
最初はまったくストーリーに集中できず。
普段を知るあの人がどういう役作りしたのかな、とか
あの役者さんのつけてるリップグロスいい色だな、とか
あ、今あの役者さん噛んだけど終わってから後悔するのかな、とか。

あいかわらずわたしは物語そのものよりも
ヒトをみてしまうのでした。
でもそれじゃあ勿体ないくらい
物語が面白かったのでぐいぐいと集中。

デモクラシーを率いた兄、吉野作造と役人の弟、信次

兄弟とか
家族とか
思想とか理想とか
そういうことが頭の隅でずっとチカチカ点滅しているお芝居で
そこに歴史政治も絡むので頭を使いっぱなし。
久々にいい頭の体操になりました。

窃盗罪の懺悔をする女工が
涙を流すシーンで
わたしは一番前の座席に座っていたおかげで
彼女のこぼした涙を見ることが出来ました。

そのやその声の震え
そういうのを生でみることが芝居の良さなんだなと当たり前のことが今更わかって
これから、もっともっと見てみたいと思いました。

これからは増えるはずなのだけれどね、
何せ芝居に携わる人たちと知り合う機会が増えたから。
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。