のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
船でゆく!・・・5
5日目。

AM0:21
甲板に出て星をみた。
晴れてるのでよくみえたけれど、船の構造上、
視界のすべてが空になる場所がなくて残念。

外の風はまた一段と暖かく、南に向かって移動してるのだなと実感。

那覇から石垣までの船旅はほんの半日で終わってしまう。
夜をひとつ越えるだけだ。
まわりは春休中の学生と思しき若者ばかりで、
なかなか騒がしい。
こういうの、苦手なんだよなー。

AM07:14
048.jpg

日の出は06:56とのこと。
でも宮古島付近は曇っていて、明るくなっていくのはわかったけれど、
太陽が水平線から姿を現すところは見られなかった。

***

石垣に到着後、
もうそこは暖かな南の島でわたしは半袖で次の港へと歩いて移動。
離島桟橋ターミナルはとてもピカピカで、
なんとなくだけれどロンドンのターミナルってこんな感じなのかなと
関係ないことを考えたりしてた。

今回の最初の目的地、波照間島への船は
すでにでたばかりとのこと、次まで2時間。
ターミナルでお昼ごはんをたべ、
本を読み、静かに待つ。

波照間まではおよそ1時間。
外洋に出るとのことで、波は高い。
揺れに揺れ、これまでの船とは大きさも全く違うので
わたしはこれにギブアップ。
さっきおいしく食べたばかりの昼を全て外の世界へと。

げっそりしつつも、船内にアナウンス。
傍に鯨がいます!と。
この旅、二度目の僥倖。
でも、そんな場合じゃなく目を瞑って静かに時が過ぎるのを待つ。
みんな、なんでこんなに揺れてるのに平気なの?!

波照間についたら、迎えに来てくれた宿のお兄さんが
開口一番「大丈夫ですか?」。
「ダメです」のやりとり。

宿帳記入もそこそこに、
部屋へと入り昼寝。
わたしの部屋の名は「イルカ座」というネームプレートが掛かってた。
窓からは、そよそよと南風。

でも、ここでへばってても勿体ないと、いざ、お散歩へ。
まずは海をめざす。
051.jpg
島人はお地蔵さファッションでおなじみのあの笠ぼうしを。

052.jpg

053.jpg

054.jpg

この島でここしかない酒造所。
島内でほとんど消費されるため市場にでまわらないとか。
後日那覇でみかけたとき、ここの島の4倍の値段が・・・。
泡波という名の泡盛、先日のピクニック前の晩でいただきましたが、美味。
ほんとうに美味。実は焼酎ってだめだと思ってたけど、こうゆうのって美味なんだと自覚。
055.jpg

舗装されてない道。
058.jpg

この先、何度もヤギを目撃するも飼い主は見たことがない。
放置されているヤギばかり。
060.jpg

061.jpg

このヤギはペンションの前飼われてた。
飼育ではなくペットでしょうね、おそらく。
みんなここらのヤギの首輪はホース。

そして!!

062.jpg

065.jpg

水はこんなにも透き通ってる。
066.jpg

木陰で読書してる人、
海に入る人、ちらほら居るけれど少し離れればひとりになれる。
まさに理想の空間。
わたしも、木陰で読書、そしてすこしのうたたね。

069.jpg

浜の傍の茶屋でカキ氷。
地元の中学生と思しき男女のグループがにぎやかに話してる。
「ごくせんのさつえー?」「松潤?!」

その後、自転車かっとばして風のように去っていった。
わたしはここでも本読みと手紙を書く。

PM17:00
宿の夕ごはんに間に合うようにと帰宅途中、
夕方の鐘が鳴ったのだけれどその曲が実にメロウでよい。
でも、なんの曲なんだろう?

食堂で知り合った三重のご夫婦
(おそらく定年退職の記念旅行。ちゃきちゃきしたおしゃべりすきなご夫婦。この二人に導かれてみんなぽつりぽつりと話はじめた)、
東京のおねえさん(もしかしたら推定26歳とみた。色白のお肌つやつやのかわいらしい人ながら、
アウトドア大好きらしく1人で波照間へダイビングをしに来たとのこと。)、
横浜のおにいさん(推定年齢34歳、ものしずかな黒縁めがねの方、そしてこの人も大人しさとは裏腹に200~300本潜るダイバー、しかもウエットスーツなど自前!)と
食後に天体観測へ。
向かう途中くだんのヤギが道を通せんぼするので、
三重のお父さんが張り切って車を降りそれに横浜のおにいさんもつづき、道をあけさせる。
追い払って、いざ出発と思ったら、ヤギが後ろから全力疾走で追いかけてくるではないか。
これじゃあ、まるで引越しのときにペットを捨てたみたいじゃないか。まったくー!
どこまでも追いかけてくるのを車で振り切りつつ、車中、みんなでそのことを話し、うつむいた気持ちになる。

さて、そんなエピソードはおしまいにして、
観測所へはわが一行が一番乗り。
お父さん筆頭にずんずんボタンを押すだけのプラネタリウムをどんどん動かす。
そうこうしてるうちに他のお客さんもそろったので、
専門の職員さんにつれられて、観測スタート。

雲が多いと心配してたら、なんのその。
また晴れ女ぶりを発揮。
ひと風吹かせて雲を追い払う、
ぴかぴかに晴れる。
そして、なんと、意図せずとしてその晩は新月だってさ。

望遠鏡で木星をみせてもらったり、
スバルもみる。
そんな特別なものをみたりしなくても、ただただ一面の星空にうっとり。
と言っておきながら、カノープスを見たときは、本当にうれしくなる。

海辺にあるので、風はとても強くて
すぐ雲が流れてきたりする。
その中でわたしたちが天体観測した1時間だけ、きっちりと晴れ渡った。
船で揺られて、ここまでたどりつくのに5日もかかってるという事実がまた、
この星空に出会えた感動を増してくれるのだった。

瞬きが違うと思う。
ほんとうにキラキラと
水面が光るように、
ガラスを光で透かしたように、瞬くのだ。
昔の人ってずっとこんな風に夜を過ごしてきたのかと、
誰だかわからない「昔の人」に対して嫉妬したりもした。

南十字星はこの時期、真夜中2時頃にならないと姿を現さないらしい。
それも水平線ぎりぎりに現れるので、
集落が島の内部にあるこの島で、歩いて見に行くというのは危険ということ。
今回は断念。

宿に戻ってもまだ21時。
それが不思議と眠くなる。
小学生じゃあるまいし。と、思いつつも本を閉じて就寝。









スポンサーサイト
船でゆく!・・・4
4日目。

昨日歩いてみて分かったことなのだけれど、
もはや那覇・国際通りに用はないと悟る。

もうここでやるべきこと(職場へのお土産をここで配送しちゃう)は終わってしまったので、
ふらりと路地へ入る。




東屋の下でお昼ごはん。
また、また、のんでる。
お姉さんに「この時間からビールは最高ですねぇ」と声かけられつつ、
満面の笑みで返答。
わたしは、ポークがたまらず好物。

042.jpg

044.jpg

たどり着いた公園には、大きなでいごの木があった。
これをでいごだよーと教えてくれたおばあちゃんは、この路地で休憩中だとか。

046.jpg

おすましさんは、靴下はいてるみたいだった。
旅の結論から言えば、沖縄には野良猫が多い。

037.jpg

公園を下ったところにあった桜坂劇場で、
「転々」をみる。
なにも沖縄に来てまで東京中をぐるぐる散歩する映画をみなうともいいのにね。

***

石垣島ゆきの船着場へ行くと、
乗船所待合室ではじめにあったのは、古本屋で接客したお兄さんだった。

お兄さんはサーフボードを抱えてる。
スリランカで何年かサーフィンだけをする生活をしていて、
これから石垣島に住む友人宅へ行く(いや移住?)のだとか。

今回の船は那覇→宮古→石垣→台湾へと入港予定の船で、
一番低い階級の船室だったにもかかわらずベッドが与えられた。
2段ベッドの一番下。
荷物を整え、シャワーを浴びたら、さっそく那覇の古本屋で買い足した
P・オースターの『幽霊たち』を読み始める。
船旅にも慣れてきてる。
雨の朝
20080424063256
雨と言っても、
傘ささないでいいくらいのぽつりぽつりとしたもの。

アスファルトも緑も空気も、みんな湿ってる。

はっぴいえんどに続いて、最近はもっぱらの'60sブーム。
今朝はSUGAR BABEを聴く。
駅までの道のり15分の間、歩みに合わせてゆっくりながれる景色をみながなら、昨日までのことはすっぱり忘れることにした。
最近のわたしときたら、こころに今朝の雨のような潤いもなく、誰かを傷つけてばかりだった。
最低でも1日2人は傷つけてたんじゃないだろうか。
思い返すだけでも嫌な女で吐き気がする!

ここらへんで切り替えなければ、そろそろ分裂気味の自分についていけなくなっちゃう。

誰にでも優しくなりたい。
歩く道すがら、目に入るのは麗しの緑や花。

植物はすべての人に平等に、すべての人に愛と美しさを与えることができるから、だから、すきなんだ。
HAPPY END
画像 561


先週、遊びに行ったおうちでご馳走していただいた切り干し大根の和え物が
忘れられず(←必要以上に美味いのだから!!!)
記憶をたよりに再現。

はっぴいえんどの「SINGLES」というレコードをかけながら料理スタート。

今日は暑かったので半袖を着てる。
晴れた4月に聴く「12月の雨の日」は、最高だった。

料理のことに話を戻すと、
わたしの記憶はバルサミコを使ったと教えてくれるのだけれど、
うちにはそんなしゃれた調味料ないのでお酢で代用しよう。
しかし、あの色味がでないのでちょこっとしょう油をたらす。

とかなんとか調味料のしまってある戸棚をがそごそやってたら。
出てきた、バルサミコ。
画像 562

父が使ってたものだ。(年季はいりすぎて、汚い。でも使える、はず・・・)
今はもう、一緒には暮らしてないけれど、
時々こういうふうにわたしに問いかけてくるような気がしちゃうから不思議だ。

もしまた打ち解けて話せるようになったら、
この料理を作ってあげたいなと思った。
だって、つまみに最高なんだってば!

だいたい味の好みや料理を作るしぐさなんかは、
全部あの人譲りなわけだし。
しかも娘を溺愛しての猫っかわいがりだったから、
褒めちぎるに決まってる。
味付けのセンスなど絶好の褒めるポイントじゃないか。

なんていろいろ考えてたら、こころが空っぽになってしまった。
誰かさんは「号泣する準備はできていた」と言ったけれど、
わたしは号泣の準備はない。
そんなふうにうまく表現できるほど、
一気に噴出すものでもなければ
はっきりとしたものでもないからだ。

ただこころが空っぽになって
目と鼻の奥、つながってるところの奥の奥が熱くなる。
さめざめと泣く一歩手前で涙がひっこむのは、
その感情とずっと向き合ってたら自然とできるようになってしまったのだった。

泣きたいのに泣けないというよりかは、
泣かないほうがいいなと自分で理解したうえでの慣れた行為だ。
今日に限ってのことじゃない。

たまには、いいじゃないか。
自分の気持ちを甘やかしたって。

さて、ここからちょっと強引にHAPPY ENDへ持ち込もう。

夜は旅先で出会った人ともうじき旅立つ人のふたりに
ラブレターを書かねば。
めいっぱい、あい、こめて!
むしろ「あい」のみの構成で。
あいによる、あいのための手紙。
船でゆく!・・・3
3日目。

AM08:15
奄美大島通過。
日の出は雲が邪魔して出会えず。
でも雲の切れ間からもれる、光は堪能した。
外の風は夕べと変わって、すっかりあたたか。

010.jpg

また、飲む。

PM13:58
くじらをみた。
大きな尾びれでばしゃばしゃ水をはねてる。
宮崎と沖縄で季節ごとに移動してる漁師だというご夫婦が知らせてくれて、
その僥倖にありつけた。
ホエールウォッチングなどお金を払ってもなかなか目撃できないというのに、
実に恵まれてる。

PM14:32
S・モームの「月と6ペンス」を読み終わる。
この話の出版日が1919年。
わたしの祖母の生まれた年だ。
その時に出版されたものを、今、2008年のわたしが読む。
なんだか不思議。

デッキにあがる度、美しさにくらむ。
地平線の美しさに、だ。

そして那覇に到着。

031.jpg

ひょんなことから、こちらの古本屋でバイトをすることになる。
店番をしていたら、さっきまで同じ船に乗り合わせてた母娘さんと再会。
さらに接客をしていたら、その人が明日、同じ船に乗り合わせることが判明。
なんだ、こりゃ。

宿泊先のドミトリーでは、
3段ベッドの一番上。
下はメキシコからいらしてるという母娘。
沖縄はどうかと訊ねたら、東京よりずっとpeacefullでいいと言ってた。
船でゆく!・・・2
2日目。

AM02:27
目が覚める。
外を見たらもう灯りなし。
真っ暗闇の、うみ、うみ、うみ。

洟がとまらず。
そしてまた、眠る。

AM06:30
和歌山県沖にいるとのアナウンスあり。
たった半日でそんなにワープしたのかとびっくりする。
まだ、だるい。

005.jpg


しかし、外はこのように快晴。
すばらしい天気。

007.jpg

009.jpg


午前中からビールをのんで、本を読む。
外は360度、ぐるりと海。


PM16:57
ひたすら寝たので、だいぶよい。
明日には全快の予定。

船内にあった本棚から辻人成の本を読む。
集中して読んでいたらあっという間に読みきる。
携帯電話は電波が入らないため電源を切っているため、
時間が皆目わからない。
デジカメの時計をみたらさっきから20分しかたってない!
精神と時の部屋かと錯覚させられる。

021.jpg

夕暮れを臨む。
かれこれ1時間は外でぼんやり落下する太陽を見続ける。
だんだん、闇と混じるそら、きれい。

PM19:55
鹿児島県の志布志へ寄港。

今日丸1日で発した言葉。
「コーヒーください」
「明日の日の出の時刻、わかりますか?」のみ。

外の会話がないぶん、内と話す。
自分とばかり話す。
船でゆく!・・・1
すべての始りは船だった。

3月。わたしは船に乗る。

準備などまるでしてなくて、あわててチケットを手配して
旅立つ前日まで鞄の中は空っぽだった。
というよりも、そもそも、鞄さえ用意がなかったのだから。

少しさかのぼろう。
2月、船旅への憧れは、着々とわたしの思考をジャックするようになる。
ある航海誌を読んだのも要因のひとつと言える。
海のない場所で育ったわたしに、海の上での生活はとてもとても魅力的に映ったし、
まだ感じたことのない世界へ行けると確信してた。

いつからか次の旅は、「船」とだけテーマが決まり、
そこから船で行ける場所を探した。
行き先は南。
それも日本最南端へ。

それでは、最南端まで。
はじまり、はじまり。


1日目。

             001.jpg

こちらは、有明。
出航前、デッキに出て撮影。
後方はお台場の観覧車。そしてフジテレビの社屋。


             002.jpg

午後17時、出航。
羽田空港から発着するための飛行機がひっきりなしに頭上を通る。
飛行機をみるのがなぜかすきなわたしには、たまらず撮影。

出発前日、微熱があった。37度8分。
病は気から、と無視したもののこれは立派な風邪の症状。
だるい。
酔いどめの薬の効果もあり、眠気到来。
さらに無視して船の自販機でさっそくオリオンビールを開ける。
一口飲んだら、鼻血がでた。
夕べもその前の日も出たので落ち着いて対処。
粘膜弱ってるんだと納得。

そして眠りへ。
今日から
やっとこさ写真の選別などが修了。
今日から、3月に行った旅録、スタートさせます。

自分の旅を振り返るものであるので、
見てくださる方との温度差あるかもしれませんが、
まあ、それでも見てやるか!という方、どうぞ、ご覧ください。

旅中、モレスキンのノートに記した雑文がベース。
船の間は時間ばかりが溢れていたので、
せっせと記していたけれど、上陸したらパタリと書くペースが落ちて
抜けてる日にちもあったりします。←いいかげん(笑)
雨、JAZZ、DARS!(そしてラム酒とオースター、つなげるは元幸!)
画像 560


こないだ友人宅でひっきりなしに聴いたRy Cooderの音源が
どうしたって欲しくなったので、
仕事終わりに雨の中レコード屋さんを3件、はしご。
みつかるもんだ。

さて、上記の写真とおり、わたしはアナログ盤もCDも買っちゃってる。

その心理とは・・・?

友人宅ではアナログで聴いた。
針を落としたときの雑音もたまらなくて、この音を楽しむにはアナログだ!と
思ったのも束の間。
ふつふつと、「しかし、外でも聴きたいわ!」と思いが湧き上がる。
というわけでi-podに落とす用にCDも買う。
CDあればともだちにも紹介しやすいしね。

そんなわけで、今宵はJAZZを。
レコードに針、落とす。
うちのプレイヤーはポータブルなので、がっくりするくらい音が悪い・・・。

ま、それすら楽しもうじゃないか。
外は雨。
雨のばらばらという音がテレビの砂嵐のように、
レコードの音に被さる。
ポータブルの音質の悪さが、だんだん雨音に引き起こされてるように感じてくる。
上から下へ画面いっぱい、でたらめに線を引いてるみたいに。

レコードの音に雨の音。

DARSをおつまみにラム酒をいれたホットミルクを飲む。
いい夜。静かな夜。

柴田元幸訳バージョンのP・オースター『ガラスの街』のつづきに取り掛かる。
ピーター・スティルマンが今までのイメージと別の人になってしまった。
元幸さんの訳し方だと元教授としての色がちゃんとついてくるのがわかる。

夕方仕事場でたまたま手にした本に
50年代以降の音楽の歴史がのってるのがあったのだけれど、
そこにはもちろんRy Cooderの紹介ものってて、
記事にはいろいろある彼の作品の中でもやっぱり「JAZZ」が名盤だと紹介されてた。

その記事を書いてたのが、柴田元幸。

今宵は元幸さんによって、すべてがひとつの環となり、終わりゆく。




こうして、春を楽しんでる
日曜はピクニックの予定だったのだけれど、
あいにくの雨なのでお邪魔したおうちでみんなでまるちゃんとサザエさんをみた。
ふたつとも大好きなテレビ番組なのに、
日曜のこの時間帯、いつもは電車に揺られてるのでここ何ヶ月も見てなかった。
ちなみに最後の見たのもこのおうちで。

sazae


そして、また、食べる。食べる。呑む、食べる。呑む、呑む。
の、繰り返し。

画像 552

たったの3人でこの量はどうだろう。
しあわせなのだ。

みんな断食をしてカラダのリセットをはかるときくけれど、
わたしはこのおうちに来てリセットしてるみたいな気になる。
どんどん食べて、野菜の味も塩の味も全部本物を取り戻して、
酒のチカラもあるだろうけれど、
食べたそばからどんどんカラダの外へ出てゆく。
何度もトイレに席を立ったっけ。


画像 553


眠くなるまでお酒のつまみに武蔵野FM。
目が覚めたらまだ外は白かった。
「外は雨だ」と横浜へ向かう人が言うもんだから、不貞寝。
再び目が覚めたら、外に青。
Ry CooderのJAZZというレコードをひっきりなしに聴いた。

画像 554


そして食べたい、食べたいと念じていたら、
ほんとうに通じて用意してくれていたシフォンケーキ。
ふわんふわんでやらかくて、フォーク渡されてるのに、手でちぎって食べる。
だってさわりたくなるんだ!

画像 556


公園にはなぜか一本だけ、
花が咲いてたさくらの木。
ほかのさくらの木は緑ばかりだったのに。

画像 557

画像 558

画像 559


横浜に行った人、残念だ。
キミをおいてわたしたちは日曜にやれなかったピクニックをしたのだよ。
芝生にねっころがったり、おにぎり食べたり。

それにしても公園では見事なまでの領空権の争いが。
じいさんたちがゴムが動力と思われる飛行機をひっきりなしに飛ばし、
かつ、凧揚げのおじさんも参戦。
実際の飛行機とヘリコプターもどんどん空を横切る。

男子高生が3人でキャッチボールをしてたので、
転がってきたボールをひとつ投げさせてもらった。

青春真っ只中すぎて、こっちが照れるっ。

そんな月曜日。
あーあ、もう、終わってしまった・・・。
19歳、追記。
今日、体年齢がめでたく18歳に戻る。
やれやれ、一体なんだったというのか。

清貧につきの節約弁当が効いたか?!

ちなみに明日もお弁当。
もう下ごしらえは済んだー。
清貧にて
20080409120849
お弁当をこしらえる。

夕べ炊いたチキンライスにふわふわ玉子をのっけて、オムライス。
あとは野菜をみんな千切りにして、オリーブオイル、塩、こしょう、レモン汁、お酢の
てきとードレッシングのサラダとパイナップルだけの、超なげやり弁当。
職場にレンジがあるので、
チンしたら温かく食べられた。
しあわせ。
薄曇りの中、外でピクニック。
昨日のどしゃ降りで、
公園の道は桜色の絨毯。
木も花より葉が多い。
でも、わたしは7:3で葉が多い桜の木が、すきなのだ。

いま、わたしにとっては一番の見頃と言えよう。
19歳
我が家のヘルスメーターは体重だけにとどまらず、
体脂肪やら何やら、いろいろ教えてくれるわけです。
その「何やら」の中にひとつ体年齢っていう項目があって、
今夜それがひとつ歳を重ねてしまいました。

ハッピーバスデーというのでしょうか、これも。

昨日まではずっと、18と表記されていたのですが、
今夜数字が、なんと19へ!!!

えー?
昨日と今日の差ってなんだろ?

ずっと寝てたのがいけなかったのだろうか。
狂犬病の予防接種にわんこ2匹を土砂降りの中、
車で連れ出しただけで、あとはずーっと寝ては本読みを繰り返した結果か?!

しかし、不思議。
わたしはかねてから三十路への突入に果てしない憧れを抱いていて
(ちなみにまだその輝かしい未来へはあと6年もの歳月を待たねばならぬ!長い。
じらしすぎじゃなかろうか、ねえ、神様と問いかけたくなる。)
それなのにも関わらず、体年齢が19歳へと変化を遂げると
なにやら少し気が沈むではないか。

精神的年齢はどんどん重ねて行きたがってるのにもかかわらず、
体の衰えには拒否感があるということを、今日、始めて知った。

たんなる御都合主義的考え方なだけ、かも。





春、食。
画像 550


みずみずしい蕪を、母がいただいて帰ってきた。
身の詰まったにんじんと一緒に無水とまではいかないけれど、
はてしなく無水に近い状態で蒸す。
透き通った蕪は、すりガラスのようで美しい。

調味料はほんの少量の酒。

仕上げにふわふわに炒った卵を。
味付けは粗塩としょうゆ。

美味、春の味。
消えた3月。
3月、振り替えたらば5回しかブログを更新してない。

消えた3月。
何してたかと言えば・・・。

2月の29日から夜通し演劇論とともに呑み通しではじまって、
どんぶらこと船に乗って、南へ。
最南端で星空みとれて、
新しいいのちに出会って、
帰ってきてからは、ずっと、家を離れていた間にこなせなかった
約束を果たすべく、また、日々、呑んでたっけ。
すばらしい段取りの花見にも参加させてもらった。
でもやっぱり呑んでた(花見だからね)

こうつらつら書き連ねると、
ロクでもないな。

でも、しあわせです。

そして、今日もまた、呑みに行く。
4月の始りは、3月一度も乾杯できなかった人と。

それにしても3月中に旅の記録を残しときたかったのに・・・。

楽しみにして、毎日遊びに着てくれてる方、ごめん。
しばしお待ちを。


ここからは、個人的な覚書。
3月読んだり、観たり、出向いたもの/場所たち。

・旅人の木 / 辻仁成
・月と6ペンス / S・モーム
・幽霊たち / P・オースター
・からくりからくさ / 梨木香歩
・天使と悪魔 / D・ブラウン
・博士の愛した数式 / 小川洋子

・転々
・それでも僕はやってない

・とくふく堂
・日月
・言事堂

・VOCA展
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。