のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『フラガール』
フラガール1

フラガールを観て来ました。

わたしが小学6年生の頃、
松雪さん保阪さんと一緒にドラマに出てらっしゃいました。
そのドラマはコメディで、
やたら互いに怒鳴りあう威勢のいいやつでした。

わたしは、松雪さんの怒鳴る姿だいすきです。
すぱーっと腹の底から怒鳴る。
あんなに華奢なのに、でっかい響く声で。

フラガールでの松雪さんは、
怒鳴る、怒鳴る、笑う、泣くでした。

男湯に怒鳴り込むというか
殴りこみに行くシーンの松雪さんは、
それだけでがこぼれた。

ほんとうに美しくって
’70年代ファッションがとってもよくにあってました。

映画は、もう、言うことなしにおもしろくって、
洟すすりっぱなしでした。ずっと、ずーっと

松雪さんのしなやかなフラにも
感動したけれど、
蒼井優ちゃんの凛々しさにも
舌をまくばかり
彼女はどうして、こんなにもぴかぴかしてるんだろか。

フラガール*2


岸辺一徳さんが、
福島なまりでがなりたてるのもすごくよかった。
途中、自己破産したのはこの人だっけ?と、
どうでもいい芸能情報
頭をよぎったけれども、
それは、シローの方だってさ(笑)

南海キャンディースのしずちゃん
すばらしかった。
最初はオチの担当ばっかりだったけれど、
しまいには、ちゃんと女優だった。
しずちゃんの嗚咽するシーンは、
わたしもが止まらなかったもの。

蒼井優ちゃんとトヨエツの母役の方
素敵でした。
煤けた炭鉱婦人を演じているのだけれど、
とにかく美しくって、眩かった
美しさって、やはり内面からにじみ出るものなのだなーと
涙をだーっと流しながらスクリーンを見つめてました、わたし。

閉山に向かっている炭鉱の街は、
予想以上に寂しい街だった。
哀しい街だった。
昭和40年代って、わたしが生まれる、
ほんの一世代前なだけなのに。
貧しいってことに、驚かされた。

炭鉱の街には、
心寂しさがついてまわる。
軍艦島の華やかさも
それはもう、彼方の出来事だからか、寂しい

きちんと観ていない作品と比較するのはよくない、と
解っているけど、
わたしは『ALWAYS 三丁目の夕日』よりもよかったと思っています。
予告で観たけれど、ALWAYSはCGが多分に使われてるなーというのが、
素人目にもわかってしまうから、がっかりなのです。
再現できてたとしても、そこに現代の匂いがにじみ出ちゃうと、
もう、見てる側は冷めちゃうのだから。

その点、フラガールの街は、すごかった
走るバスも
炭鉱夫の乗るトロッコも
女子高生の乗る自転車も
家のふすまも
洗濯板も
全部本物だった。

たとえ、CGだったとしたとしても、
見てる側はそう感じなかったもの。
俯瞰でみた炭鉱山は模型かな?と思ったけれど、
それ以外は見事!
物語にのめりこめました。

いい映画で、頭ぼぅっとしちゃった。

わたしに、この映画を最初に教えてくれた人は、
福島出身の人で、
この映画をみたら彼女のことを思い出してた。
その人には、今、大きな転機が訪れていて、
個人的なことだから、わたしには何にもできないのは、わかってる。
わかってるけれど、偉そうにも「大丈夫だよ」って言ってあげたいなと
思ってしまったのでした。

フラガール3

スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/105-9411b235
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。