のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日という1日。
まずは携帯電話を家に忘れるところから、
1日は始まる。

時計代わりがないので、いささか時間に怯えつつも、
きちんと出勤
いつも通りのはずなのに、
どういうわけかぽっかり5分ほど時間が空いたので、
エクセルシオールであたたかなカプチーノをテイクアウト。

仕事を終えて、
一年が終わる前にどうしても
会って祝いたい人のもとへ行く。

と、その前に。
祝いたい人への贈り物を選びに花屋へ。
うっかり世間がクリスマスだということに、
ここで思い出す。
街中、華やいでた
花屋3軒はしごして、
もっとも感じのいいお店に頼んだ。

オーナーと思しき親父さんは、
ビジュアルは完璧日本のおっさんなのだけど
イギリス人か?っていうくらいウィットに飛んだ会話
電話越しにしてた。
内容から推察するに、おそらく苦情の電話なんだろうけど。
聴いてて全然嫌な気分にさせられなかった。
こういう大人と仕事がしてみたい。

その花屋のすばらしい人材はこの親父さんだけでない。
わたしのオーダーを受けてくださった方も。
とにかく超男前なのだ!

右眉のところに小さなピアスを入れてて、
さらりと風のように笑い、なにより笑顔がとてもかわいらしい
細かいオーダーにも気持ちよく受けてくれた。
さらにはちょうどいい長さの花があるから、と言っておまけまでしてくれた。
予算以上の素敵なブーケが仕上がった。
だけど、携帯忘れてるので写真はないよ。
小さな百合とバラの入った真っ白なブーケ。

おまけしてくれたのも嬉しかったけど、
それよりブーケを作る様に感動した。
リズムを取りながら手際よく花やグリーンをチョイスしてく。
短い髪を揺らしながら、まるで踊ってるみたいだった。
親父さんの電話に時々笑ってた
ハサミさばきもカッコよかった。

でも一番カッコいいなと思ったのは、その人が女の人であること。
男の人よりも男前の女の人で、
お顔立ちも男前だった。
姐さん!って感じの。ファンになってしまった。

その真っ白なブーケを持って
電車で3駅ワープ。

まっすぐにその人のもとへ。
相変わらずの笑顔に長い手でハグしてくれた。
ブーケを見せたら、
わーお、まりえちゃんはあたしのサンタクロース?

ニュートンという名のベルギーのビールを空けて
そら豆のキッシュを頂く。
ビールもキッシュも格別においしくって、
いい1日の終わりを思う。

でも、いい1日はこれで終わりじゃなかった。

家に帰ったらば、一枚のハガキ
23日に投函した宛名から。
もう返信してきたのかと素早さに驚いてたら、違ってた。
その人もわたしを想ってクリスマスカードを送ってくれたのだ。

部屋に戻って思い出したかのように携帯電話を開いたら、
なーんと、こっちにも。
会いたい人たちからのメールが・・・。
噂のウィルスにやられてたり、
買ったばかりの液晶を4万円で修理に出したとか、
みんな充実のクリスマスだ。

わたしは今日1日で何回笑っただろう?

わたしの笑った回数以上に、
みんなが笑ってるといいなと思った。
海の向こうにいる子
わたしの家族
今日の1日を笑って過ごしているといい。

確かめられないけど、
そうであって欲しい。

空は雲って、は見えない。
明日は雨だって言ってたっけ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/133-f453459d
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。