のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『十字路のあるところ』 * 吉田 篤弘
十字路のあるところ 十字路のあるところ
坂本 真典、吉田 篤弘 他 (2005/12)
朝日新聞社

この商品の詳細を見る


最近、この人の本ばかり読んでる。

それからはスープのことばかり考えて暮らした』で、
心奪われてからというもの。

だけど、作品をさかのぼるよりかは、
これからの作品の方がずっとずっと楽しみな作家である。
(なんだか上から目線な意見だけど・・・)

この本は物語のスタイルが変わってる。

十字路にまつわる短編
そのそれぞれのストーリーを暗示させる
街の写真ストーリーのその後をたどる
十字路の探偵エピソードが挟まってる。

静かな静かな物語で、
カフェとかそういうオシャレな空間ではなくて、
喫茶店みたいなそういう薄暗い場所で読みたくなる本。

相変わらず、いい世界観の本でした。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/134-493e804c
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。