のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『LOVE』 * 古川 日出男
LOVE LOVE
古川 日出男 (2005/09)
祥伝社

この商品の詳細を見る

三島由紀夫賞を受賞した作品ではあるけれど、
たかだか賞ひとつで説明できるほど、単純に「すごい作品」ではない。
三島由紀夫賞を軽視しているわけでは、ないです。断じて!

出鱈目
おもしろいんだから!

無数の糸を紡ぎ合わせて
一遍の物語を織り成している。
小説って、シンプルに考えるとそういうふうに
つくられているわけだけれど、
とくに古川さんのはその輪郭がとりわけ際立ってみえます。

この『LOVE』という小説は、
なんと言っていいものか。
著者本人は短編の長編という独特の位置づけをしていたけれど、
そういうことでしかないと思います。

真夜中アニメみたい。
ストーリーのテイストはまったく違うけれど、
攻殻機動隊」を思い出していました。
一話一話独立しつつも
全体としてもひとつである。

キャラクターが独特で、
その世界感夜のアニメっぽかったです。

数ある登場人物猫も含む)が居るなか、
わたしは小学生のユウタ
[シモメグロキャッターズ・・・下目黒に分布する猫の数を数える人]と
移動キッチンのオーナー丹下健次朗
[ブルー処刑人・・・あらゆる鬱々たるものを殺さなければならないのが使命]
がすきです。
この二人のやりとりが。

お前の肉体(からだ)はな、明日、カモでできている。それを忘れるな。

カモ料理をユウタに食べさせた丹下さん
ユウタに放った最高の科白!が、これ。

わたし、どっぷりだな~。
丹下さんにも、古川さんにも。

あとがきもよかったです。
CDのセットリストをみて、
この人の疾走感を納得。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/23-8c54eb4c
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。