のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
笑う角には福来る、以上!
ステキレストラン

*写真のアングルが異常に悪いです、ご勘弁*

今年60歳になる、
全共闘時代をノンポリで過ごしたという女性とデート。

宗教なんじゃないか?と訝しむ講演会へ。

講演者はわりと好感の持てる方。
でもしかし、決して自分の言葉で語るではなくて
どこかで聞いたことのあるようなことを演じてるにすぎない。
舞台役者のようだった

だけれど、聞きに来られてる常連の方たちは、
ごめんなさい)とても異様でした。

なぜ、そこで笑うのか。
なぜ、そこでうなずくのか。
なぜ、そこで握手を求めるのか。
なぜ、そこで」のエンドレス。

薄ら寒かった。

わかっていたのだけれど。
これもまた、勉強
そういうのを覗きたかったのだ。
講演そのものに興味があるというよりも
そこに集う人たちが見たかったのだから。

途中で抜けての帰り道。
2人でマインドコントロール
冷静な観察眼について語らう。

さて、通常の皮膚感覚に戻さねばと
だいすきなすてきレストランに寄る。

久しぶりだわ。
半年ぶりくらい・・・?
パイナップルの香るおいしい炭酸水をいただく。
これにチーズケーキって邪道かしらと思いながらも、
知るか!今日は暑い!!と押し通す。

街はサンバカーニバルの真っ只中でした。

きらきらの向日葵のブーケを手渡し、
二言三言お話させていただく。

わたし、まだぐずぐずやってるんです。
また、間違えてるんですよ。


そんなつまんない話
ちゃんと受け止めてくれる。
なんたって輝いてるのはレストラン自体はもちろんのこと、
あそこで働いてるひとたちなのだ。

ぐずぐずしてるけど、毎日笑ってようと思ってます
と、これまたわけのわからない意気込みを話すと、
そう、それでいいんだよ」と太鼓判をいただく。

笑う角には福来るとはよく言うけれど、
それ以上のものが笑ってるとぐーんと近づいてくるらしい。

いついっても、感謝あふれるあのお店。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/240-27dca801
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。