のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日の音楽
10月の中ごろ、一通のメール。

件名は「音を楽しむお誘い」とある。
誘ってくれた人の感性をすっかり信頼しているわたしは、
断ったりは勿論しない。
あげく、メールを貰った翌日にはチケットを手配。
時に内に秘めた瞬発力を発揮するのだ。

そして月曜日。
行って来たのは、寺尾沙穂さんのワンマンライブ。
それもゲストはハンバートハンバートの佐藤良成さん。
京都でハンバートに出会って依頼、聞き倒して、
ライブにも行って興奮した記憶も遠くない。

寺尾沙穂さんのライブははじめて。
わたしが彼女の歌声を耳にするきっかけは、
この日ライブに誘ってくれた人が作ってくれたのだけれど、
そのエピソードはもったいなくてここでは語らない。
いや、語れない。

ライブはすばらしかった。
どこまでも伸びてゆくような青緑の植物の成長。
花が咲いて、その後に種を宿すようなその流れ。
渋谷のクアトロ、あの真っ黒な空間に
色があふれ出す、その瞬間に立ち会った気分だった。

2回目のアンコール、
「グローリーハレルヤ」という曲が
カバーなのだけれど、よすぎてよすぎてどうにかなっちゃうかと思った。
西岡恭蔵という人が作ったうただと、さっき、調べた。
この方、アン・サリーさんがカバーしてる「アフリカの月」の人ではないか!

ハンバートの良成さんのソロもすごくよかった。
わたしはこの人の声がすきだ。
うたう時の声もしゃべる時の声もいい。
ついでに言うなら、話す内容もまたいい。

韓国の太鼓をはじめて生でみて、
空気がふるえたのがわかった。
演者のチェさんがまた、ふるわす人なのだ。
そういう流れが手に取るように、わかった。
そこにいる人、みんなわかったに違いない。

帰りは腕時計も携帯電話も持たない人を置き去りにして、
電車に乗った。
今みてきたライブとライブ前にお酒をのみつつみんなで話した
カレーうどんのことで持ちきりだった。

誘ってくれた人と本当はもっと話したいことがあったはずなのに、
会ったら全部どこかにおいてきてしまった。
京都の人と会ったり、
腕時計も携帯電話ももたない人と挨拶したりしてたからだ。
そこで出会った人がみんなみんな素晴らしくて、
興奮しきりだったのだ。

わたしは、もっと落ちつかなきゃいけないな。

寺尾沙穂さんは1982年生まれで、
わたしとは年がひとつしか違わないなんて
まるで思えなかった。
なんであんなにぶれずにいられるのか。
嫉妬とも焦燥ともつかない感情を
どうすることもできないまんま、一週間が過ぎようとしてる。

それなのに、まだ、忘れられない。
グローリーハレルヤを。






スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/293-6a98662e
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。