のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『トーク・トゥ・ハー』
トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディショントーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション
(2004/02/16)
レオノール・ワトリング、ハビエル・カマラ 他

商品詳細を見る


そろそろスペイン語にも慣れてきた。
その言葉の息使いに慣れてくると、物語への入り方にも慣れてくるものだ。

人を愛するということは、
ほんとうに全部を曝け出さなきゃいけないのだな。
剥き出しすぎて、見ているこっちが辛くなるくらいに。

普通はそれを迷うのじゃないかと思う。
わたしは、わたしの場合は、だけれど、
迷いっぱなしだし、迷ったあげくに待ち受けてるのは八方塞がり然とした、カオス。

ほうら、全力出してる当人こそ辛くなるだろうに。

この映画、見てるこっちが辛くなる。

それでもやっぱり追ってしまうのは、
「人間ってやつぁ」に隠された愛すべき惨めさだと思う。
淋しさは、どうしたって1人じゃ解決できないのだから。

それにしても、終わり方が
とっても素敵、とっても見事。
あたかもまた新たな2人の物語が始まるかのよう。

でも、そうだもん。
人生に終わりはこないし、こうしてひとつのストーリーが終わっても
また次のストーリーが始まる。
それも折り重なるようにして終わりとともにまた始まりがやってくる。
気がつかないうちに。




スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/332-ec551f03
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。