のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その広がりは!
nest


さて、夕べの話だ。

夕べは今年、一発目のライブに行ってきた。
渋谷のnestへ。
ここへは、5~6年前に一度だけ来たことがあるだけ。
場所はお馴染みのあのへんなので、苦手な街、渋谷といえども難なく到着。

たった一人の男を見にきた。
見るというよりかはカラダ全体を使って吸収するつもり。
吐き出すものを、全部。
言葉も息遣いも、なにもかもを受け取る所存で、挑む。

あの男からはいつも喧嘩を売られてるようなもんだから、
今日こそ、今日こそ買ってやる!それぐらいの緊張感。

その男とは、古川日出男。

彼の作品を読んでから(そうそう、彼は作家)、ずっと喧嘩売られてると思ってた。
いっつもカッコよくて、いっつも意地悪で、いっつも優しい。
なんかそういう文章で、そういう物語を紡ぐ男の人なのだ。

去年、朗読ギグをしてるという噂を聞いて、
いいな、いいなと足踏みしてるところにこの情報。
すぐさまチケット手配したっけ。

朗読ギグって、ポエトリーリーディングみたいなものかしら?
と思ったら、甘かった。甘かったのは、わたし。

そもそも彼のギグの前、
音響系のDJやらVJやらがガンガンに鳴ってて、
久しぶりにそういう音楽に触れた、ら、びっくりした。
でも、びっくりしただけ。
大丈夫、わたしもまだまだ音楽、すきなんだなぁという感じで音に酔う。

こっちは生古川日出男だ!と緊張がピーク。
まだかなーとそわそわしながら、何杯目だっけ?のビールをのむ。

それなのに、頭はどんどん冴えてく。
ついに、登場。

どうすんの!と思ったら、これだった。

もう、作家じゃないな、この人。というのが感想。
作家の枠を大きく外れた人で、
そんな小さなくくりに収めることなど、不可能。

本人がギラギラしてて、気持ち悪さ満載。
もちろん、それはポジティブな意味で。
気持ちの悪さは、その場からひとりだけズレてるといった感じ。
それは集中力の高さというか、これから吐き出す言葉たちのエネルギーが
カラダの内側から外にフライング気味であふれ出てきちゃってるから起こるとみた。

語るというよりは、叫ぶ。
歌うように読む。
踊るように物語を進める。

会場の作り上、仕方のないことなのかもしれないけど、
オーディエンスはフロアで体育座りやあぐらやらで耳をそばだてるといった感じ。

わたしは、喧嘩買うつもりで来てるから、
座る気など毛頭なくて、できれば目の前で立っていたかったが、断念。
目の前じゃないけど、右横のフロアじゃない場所から立って参戦。
立たないと失礼な気すら、してくるから不思議。

本人があれだけのエネルギー出してるのだから、
こっちだってそうしたっていい気がした。
ライブハウスだ!って感じで、全員総立ちでもみくちゃにされながら
見てるこっちも歓声あげたり、踊ったりして、そういう状態。
それがわたしが彼のギグを見るときの最高の環境じゃないかと思う。

それぐらいの熱演だった。

彼自身がロックンロール。
ちなみに演目はロックンロール七部作から。

ロックンロール七部作ロックンロール七部作
(2005/11)
古川 日出男

商品詳細を見る


終わった後、
バーフロアで本人に会えるかも。話せたらいいなー、なんて
一ファンきどりのわたしが頭の隅にはいたのだけど、そんなのバカみたいだった。

見終わったら、我慢できなくってさっさと帰った。
ラストのプレイヤー、見られなかった。
古川日出男の広がりかたがすごすぎて、頭の中が整理がつかなくなったから。
もちろん、本人と会って話すなんて無理!
(その日、状況的に本人に会えたかどうだったかは不明)
わたしが無理!
今のわたしじゃイヤだ、と。
向き合えるこころ、持ち合わせてないから。

わたし、声、落としてきたかと思った。

そう、夕べ。
夕べは1月18日。
朗読ギグ「古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)」@渋谷O-nest


スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/336-f14de3be
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。