のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨、JAZZ、DARS!(そしてラム酒とオースター、つなげるは元幸!)
画像 560


こないだ友人宅でひっきりなしに聴いたRy Cooderの音源が
どうしたって欲しくなったので、
仕事終わりに雨の中レコード屋さんを3件、はしご。
みつかるもんだ。

さて、上記の写真とおり、わたしはアナログ盤もCDも買っちゃってる。

その心理とは・・・?

友人宅ではアナログで聴いた。
針を落としたときの雑音もたまらなくて、この音を楽しむにはアナログだ!と
思ったのも束の間。
ふつふつと、「しかし、外でも聴きたいわ!」と思いが湧き上がる。
というわけでi-podに落とす用にCDも買う。
CDあればともだちにも紹介しやすいしね。

そんなわけで、今宵はJAZZを。
レコードに針、落とす。
うちのプレイヤーはポータブルなので、がっくりするくらい音が悪い・・・。

ま、それすら楽しもうじゃないか。
外は雨。
雨のばらばらという音がテレビの砂嵐のように、
レコードの音に被さる。
ポータブルの音質の悪さが、だんだん雨音に引き起こされてるように感じてくる。
上から下へ画面いっぱい、でたらめに線を引いてるみたいに。

レコードの音に雨の音。

DARSをおつまみにラム酒をいれたホットミルクを飲む。
いい夜。静かな夜。

柴田元幸訳バージョンのP・オースター『ガラスの街』のつづきに取り掛かる。
ピーター・スティルマンが今までのイメージと別の人になってしまった。
元幸さんの訳し方だと元教授としての色がちゃんとついてくるのがわかる。

夕方仕事場でたまたま手にした本に
50年代以降の音楽の歴史がのってるのがあったのだけれど、
そこにはもちろんRy Cooderの紹介ものってて、
記事にはいろいろある彼の作品の中でもやっぱり「JAZZ」が名盤だと紹介されてた。

その記事を書いてたのが、柴田元幸。

今宵は元幸さんによって、すべてがひとつの環となり、終わりゆく。




スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/367-446e94f9
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。