のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ぼくを葬る Le temps qui reste 」
ぼくを葬るぼくを葬る
(2006/10/06)
メルヴィル・プポー

商品詳細を見る


ひと月で3回も、観てしまった・・・。

先月、ある日差し出された一本のビデオテープ。
タイトルだけ知らされて「よかったら、みてよ」とそれだけ。

わたしは、たぶん、とても神経質な方なので
本や映画は観る時を選んでしまうので、環境が整わずに、今月に入るまでほったらかしだった。

わたし自身のつまらない問題が山積みで、
答えのでない問題を延々と考えあぐねていたり
知りたいようで知りたくないような、という見えない気持ちを探ったり
自己嫌悪のスパイラルにどっぷりはまったりしていたときに、
なんとはなしにこの映画のことを思い出してみたら、最後。

これがわたしの知りたかった答えか、と思わせる色がいくつもいくつも散らばってて
あげく短期間で3度もみるはめに。

31歳のとき、余命三ヶ月を告げられた人の最期までを
光と影を巧みに利用して映像的にもストーリー的にも美しい一本。
(夕日が傾いていって、シルエットが段々と濃くなっていくところなんかは
映像美だけで見入ってしまう、しかもBGMが波の音だなんて!)

主人公が大切に想ってる人にこそ、
自分の運命を打ち明けられなかったというところが、すごく魅せられた理由のひとつ。
家族にも恋人にも、言えない。

それが優しさなのか弱さなのかは、今のわたしにはわからないけれど、
主人公がったったひとりで向き合った「死」と「淋しさ」、つまり孤独、ということだけれど
それがきちんと伝わってくるから最後まで物語に釘付けになってしまった。

この映画自体すごくいいのに、
さらに加えて、今、わたしが個人的に知りたいと思ってた答えが
この映画の主人公の祖母によって語られるシーンがあって
背筋がゾクっとしたのが3度もみた理由。

フランス人がみんなそうなのかは、わからないのだけれど、
まっすぐな言葉を選びとるから、いい。
静かでささやくように、本当のこととはぐらかす為の言葉を上手に使い分けてる。

わたしもこんなふうに
必要な言葉だけを、話したい。
飾る言葉も時には必要だけれど、
ほんとうのことやたいせつなことを語るときは
まっすぐな言葉を。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/383-760007ad
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。