のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝手に来た。
ぽとり、ぽとりと落ちてくる。
曇り空から、雨の

今日はずっとそんな天気で、
晴れるでもなく
雨がきちんと降るでもなく
少しを溢しては
は落とさず。

今年の初めに
の日も
曇りの日も
だって晴れだって
きちんと楽しめるようになれればいいと
言葉を頂いてから、
すごくいい提案だったし、
自分に向いている提案だったので、
実践してきてた。

それなのに、
ここ何日かはまるでダメ

陽が沈む頃それは訪れて、
変化を悟られないようにお芝居、お芝居

隠して、隠して
それでも薄っすら気づかれて、誤魔化して

そういう
勝手に来る。
ここのところ調子よく光と影のバランスが保てていたのに。
均衡が崩れると体勢を整えるのが、また大変。

沈み定着しちゃうと、まずいんだ。
それだけは解ってる。

なんだけども、
それを助長してるものがあって、
それは音楽
今週頭にある1枚のCDを買った。

それを聴いてると、
ずっとを待ってたのかと思うくらい、
もう、夏を必要としていない自分がいる。
長袖が着たいし、
暖かい飲み物で身体温めたいと思っている。

そんで、無償に泣きたくなる。
夏が終わる淋しさではなくって、
ただ、ただ、淋しくなりたいのだと思う。

今日はその淋しさの音楽をお供に
図書館に行ったら、大変だった。
やめときゃいいのに、困ったもんだ。

図書館で、
どうしようもなく淋しい本を探して奔走するも、
そういうときに限って、フィットする本を思い出せない。
誰も彼もが居なくなってしまって、
それでも自分だけわけもなく生きてるような、
そんないい意味ですっきりとした、
絶望的な本を探してたのに、ダメだった。
2時間近くも本棚とにらめっこ

図書館で働く友人に、
あら、まだ居たの?」と当然のことを言われて、笑った

2時間の真剣勝負もむなしく
淋しい本は見つからなかった。
見つからなかったおかげで、ちょっとだけ淋しい気分になれた。

そして、途方に暮れた帰り道。
自転車に乗り(あ、チャーリー復活しました。)、
家路へ。

絶妙ともいえる、
おせっかいなシナリオで、
空からぽとり、ぽとり

そうかい、わたしの代わりに泣いてんのね。

、待ち遠しい。
夏の残りはまだまだ、余ってる。
余ってるうちの、ひとつ

あくまでもアンパンマン柄にこだわる。

これでも、いっちょ前に、
大人のフリして生きてます。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/63-c0b214a4
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。