のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬場万里子を追っかけて。
みなさん、馬場万里子という人物をご存知でしょうか?

馬場万里子(34歳)は、
職場の信用金庫のお金(3億円!)を横領して、
逃亡している、(逃亡する前までは)ごく普通のOLです(でした)。

馬場万里子は、
シンギングドック
(シンギング・ドッグは人間に飼い慣らされずに野生の道を選んだ犬で、時々孤独な犬たちが連絡を取るために声を張り上げて鳴くのだという。)
資料を探しに
記念図書館へとやってくるのです。

はい。
ここで、整理しましょう。
さて、今まで一泊二日の記録であったはずなのに、
いきなり、馬場万里子って、何?って感じですよね。
そもそも、馬場万里子って、誰?って感じですよね。
信金OLって言われてもね。
そう、思ってしまったでしょ?

さあさ、疑問を改めて確認したところで、
話をに進めましょう。

今からちょうど3年前の夏。
日本テレビで放送していた、土曜9時のドラマ「すいか」。
わたしはそのドラマに首ったけでした。
ストーリー世界感キャスト
まるまるだいすきなお話で、今もなお、鮮明に記憶してます。

そのドラマの中に出てくるのが、
馬場万里子なのです。
小泉今日子演じる馬場万里子。
彼女がシンギングドッグについて調べ物していた図書館こそ、
次にわたしたちが向かった先なのでした。

ドラマの中では、米倉斉加年さんが館長さんの役どころで
カウンターに座ってらっしゃいました。

前置き、かなり長くなりましたが、
わたしたちの向かった先、それは、「えほん村」というところです。

えほん村


不思議の国のアリスより

木の造形作家が営むだけあって、
細部にまで、ぬかりない細工が施されていて感動。

どうよ、この子供が腰掛けている椅子だって、
ぜーんぶ手作り。
不思議の国のアリスに出てくるトランプの兵隊をモチーフにした
椅子です。
他にも、ワニねこ魔女なんかを
モチーフにした木製の家具たち。

木だから座り心地はいまいちかと思ったら!
とんでもないっ!!
長時間座ってもまるで疲れない設計。
なんでしょ、作り手のぬくもりを感じてしまいました。

セロ弾きのゴーシュ

木箱の中に木製のマリオネット
これはセロ弾きのゴーシュがモデルですね。

こんな風に村の中は、
木の作品
絵本がずら~り。

もう、ワンダーランド
わたしの中では断然!
ネズミーランドよりもワンダーランド

tea time


歩き疲れもあったし、
村民は300円でハーブティーが飲めるので、
一休み。

またしても、外のデッキで。
もーう、贅沢すぎて、死んでしまいそう。
これまた、スコーンを載せたプレートも手作り。
なにからなにまで
わたしがオーダーしたのは「白雪姫」という名のもので、
カモミール+アップルのブレンド。
香り高くて、くらくらり

お花

草花が無造作にテーブルを彩ってくれてます。

馬場ちゃんが腰掛けるところをみてから、
館内の椅子に恋に落ちてしまったわたしとしては、
3年も思い続けていたわけで
ようやくお目通りすることができて、
幸せでした。

ほんとにほんとうに、
すてきな場所でした。

ちなみに、こちらが、
馬場ちゃんが腰掛けていた椅子
馬場ちゃんの跡


そして、馬場ちゃん
馬場ちゃん

スポンサーサイト
この記事へのコメント
124. ミカ   URL  2006/09/29 01:59 [ 編集 ]
深夜にテンションあがっちゃいましたわ!『すいか』を見て以来憧れていた場所。。。想像以上に素敵なところの様ですね♪実際に行ったなんてうらやましいな~
125. keiko   URL  2006/09/29 22:49 [ 編集 ]
絵本村。。
昨日の日記の牧場でも、ああ、ソフトクリーム、、、そう、牧場のソフトクリームって一味も二味も違うんだよねー。。。ああ、うまそう。。
なんて思っていたのだけれど、えほん村とはまた!!
看板が、いい。。魔女がちょこっと腰をかけていて。
残念ながら、ワタシはドラマをほとんど見ないので「スイカ」は分からないのだけど、えほん村には行ってみたいです。。
126. りほ   URL  2006/09/30 22:06 [ 編集 ]
だいっすきなドラマです。
馬場ちゃん!!
行ったんですね~
羨ましいです☆
127. まりえ   URL  2006/10/02 00:04 [ 編集 ]
コメントありがとうです。

*ミカさん
本当に深夜にテンションあげてしまっているミカさんが想像できてしまいます。
そして、なぜかそれが三浦しをんさんのエッセイとかぶさってきてしまいます。
なんでしょう、オタクって素敵なことです。

*ケイコさん
えほん村、ほんとうにワンダーランドでしたよ。
作品がいっこいっこデカイのがテンションあがりました。
魔女型の椅子とテーブルなんぞ、
すてきすぎてじぃいーっくりみつめてしまいます。
テーブルは三脚しかなくって、そのうちの一脚が魔女のボディなのです。そしてそれを取り囲むように2脚の魔女型の椅子・・・。
ほぇー、言葉じゃ説明できないっす!
新宿から3時間!
電車に揺られることをお薦めします!!

*りほさん
りほさんも「すいか」好きなひとりとわたし、
しっかり記憶してますよ!
あの、ほわわんな感じがたまりませんよね。
あー、ハピネス三茶に住みたいと夢想中のわたしです。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/86-f8fb5c00
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。