のんきにうたかたの想いを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『しをんのしおり』 * 三浦 しをん
しをんのしおり しをんのしおり
三浦 しをん (2005/10)
新潮社
この商品の詳細を見る


妄想オタク女子だったしおんのしをり

この三要素でなりたっちゃう、危険なエッセイ
わたし自身でもあろうし、
わたしの友達数名にも酷似しています。
 
こうなっちゃいますよね。
しをんさん、絶対の絶対に仲良くなれそう。
笑いのツボが一緒すぎます。

海賊漫画のくだりは
もうすでに10代の頃にわたしが、
帰り道が一緒だったIさんと経験済み

海賊漫画を読んで、
しをんさんは自分が少年少女のような夢見る心を忘れたと気づきます。
自分は船酔いするから海賊にはなれない」と思って、
大人になるなんてつまんないと思うわけ。
さらには、自分の問題点は「夢見る心をなくしたこと」ではなく、
船酔いさえクリアできれば海賊になるつもり」だというところに気づくのです。

ちなみわたしたちは、海賊漫画を読み終えて
Iさん「わたし、海で必要な栄養学を究めるよ
わたし「わたし、星だの地図だのすきだから航海術担当ね
ふたり「よーし、お供してくれる医者を調達しよう!
と、ものすごくテキトーに電車の中で意気揚々・・・。
Iさん「あ、その前に、わたしたち海なし県人・・・
わたし「ああ。今のままじゃ海賊になるどころか航海にも行けないのだね・・・。
Iさん「実は明後日から中間始まるしね。
わたし「はぁー、薄々、気づいてたけど、やはり?海行ってる場合じゃないんだね。

イタイ高校生でしたこと。

こんなんで、よく無事に卒業できたもんだよ、まったく。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://utakataomohi.blog67.fc2.com/tb.php/90-0db83be1
プロフィール

まりえ

Author:まりえ
日々、のんきに暮らしてます。

季節が少しずつ
移ろいでゆくように
わたしも
少しずつ
移ろいでゆこうと思います。

おたよりはコチラへどうぞ。

そして、引越し前(アメブロ)の記事は


コチラ。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

MONTHLY

FC2カウンター

リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。